LIFESTUDIES.ORG/JP 
ホーム > このページ
作成:森岡正博 
掲示板プロフィール著書エッセイ・論文
English Pages | kinokopress.com

 

森岡正博の本



入門書としてやさしく読めるもの

まんが 哲学入門 ― 生きるって何だろう?』(2013年 講談社現代新書)819円

哲学者である森岡自身がまんがの原画を描いた画期的な試み。「時間」「存在」「私」「生命」の4つの視座から、哲学の超難問に挑む。

33個めの石―傷ついた現代のための哲学』(2009年 2016年 角川文庫)778円

死刑、赦し、自殺、脳科学、君が代など、傷ついた現代を生きることの痛みと希望を、濃密な文体で描き切った魂のしずくのようなエッセイ。


生命観を問いなおす』(1994年 ちくま新書)660円

エコロジー運動や、脳死移植などにひそむ意外な落とし穴をえぐり出し、これからの新しい「生命観」を指し示した、著者のロングセラー。


自分と向き合う「知」の方法』(1997年 2001年 2006年 ちくま文庫)640円

著者の初エッセイ集。「学ぶとは?」「大学とは?」「恋愛とは?」若い人たちに、ストレートに問いかける、早わかり森岡思想入門書。


生命学をひらく』(2005年 トランスビュー)1680円

現代の「いのち」と「こころ」の問題を、まったく新たな視点から読み解く。生命学のエッセンスを知りたければ 、 まずこれを読むべし!


脳死の人』(1989年 2000年 法藏館)2400円

「脳死」を「人と人との関わり合い」としてとらえた、生命倫理の古典。現代の生と死の姿を、分かりやすいことばで理解したい人のための、必読書です。全文無料公開中


 



「これぞ森岡本!」という濃い内容ののもの

無痛文明論』(2003年 トランスビュー)3800円 

森岡思想の集大成であり、代表作。快楽を追い求める現代文明は、われわれから、深いよろこびを奪っていく。この悪魔のような文明と、どう戦うのか。


宗教なき時代を生きるために』(1996年 法藏館)1942円

オウム事件の衝撃を受け、宗教でも科学でもない、第3の生きる道を模索した話題作。森岡ワールドが炸裂した、記念すべき一冊。


感じない男』(2005年 ちくま新書、2013年 ちくま文庫)756円

男は感じてない!? みずからのセクシュアリティを語り、ロリコン、制服、ミニスカなどに絡め取られる構造を容赦なく暴いた、男性学の衝撃作。


生者と死者をつなぐ』(2012年 春秋社)1680円

別れとは、旅立った者が別の姿をまとって帰ってくることにほかならない。生命論に新境地を開く、芳醇なエッセイ。森岡思想の新展開。


意識通信』(1993年 2002年 ちくま学芸文庫)1100円

ネットの心理とコミュニケーションを、インターネット誕生以前に予言した。SFかと思われる濃い世界が展開される電子メディア論の古典。全文無料公開中。


 



読みごたえのある学術書

脳死概念における人格性と尊厳の哲学的研究』(2015年 Kinokopress 電子書籍Kindle)1850円程度(15ドル)

脳死概念をめぐる哲学的考察を行なった博士論文の全文。前著『生命学に何ができるか』の脳死とパーソン論の議論を全面改訂した。


生命学に何ができるか』(2001年 勁草書房)3800円

執筆10年。「生命学」の現時点での到達点を、明晰な文体で書き尽くした、気迫の書。学術書としての完成をあえて拒否した問題作。


生命学への招待』(1988年 勁草書房)2700円

「生命学」という考え方を提唱した、1988年の第一作。バイオエシックスを超えて、「他者」に迫ろうとする若き思索の軌跡です。


「ささえあい」の人間学』(共著 1994年 法藏館)3495円

きたるべき高齢社会。「ささえあい」をキーワードに、老人、障害者、末期患者が生きるための社会原理を大胆に掘り下げた実験作。


引き裂かれた生命』(2002年 kinokopress.com)PDF800円

人間を、「連なりの本性」「自己利益の本性」「ささえの本性」の3つの本性のあいだで「引き裂かれた」存在と見る実験的論考。全文無料公開中


 



エンタテイメント・対談など

草食系男子の恋愛学』(2008年 メディアファクトリー)1000円

モテではなく、好きなひとりの女性と愛し愛される関係を築くための実用書。こんな男子を待っていたという、女子からの圧倒的支持を得た本。


最後の恋は草食系男子が持ってくる』(2009年 マガジンハウス)1200円

草食系男子と恋愛するには? はじめて女子向けに書き下ろした恋の手引き。リアル草食系男子4名へのディープインタビューは必見。


救いとは何か』(2012年 筑摩選書)1575円

宗教学者・山折哲雄との対談。なぜ人を殺してはならないのか、いのちはなぜ尊いのか、宗教なき救いはあり得るのか。緊迫の対話。


対論 脳と生命』(養老孟司との対談 1995年 2003年 ちくま学芸文庫)900円

『バカの壁』の養老孟司と、オウム事件前夜に、生と死、科学の未来、脳について徹底的に語り尽くした真剣勝負の対論。マニアでなくてもハマる。


現代文明は生命をどう変えるか』(数名との対談 1999年 法藏館)2400円

NHKで反響を呼んだ「未来潮流・生老病死の現在」全2回の内容を、放映時にカットされた部分まで採録した決定版。科学と生命をめぐる熱い対話。


男は世界を救えるか』(井上章一との対談 1995年 筑摩書房)1650円

関西を代表する異才(!?)研究者二人が、知力を尽くして披露した、究極の「知の格闘技」対談。類書は存在しないと断言できるこのギャグの連続を見よ。


電脳福祉論』(数名との対談 1994年 学苑社)1456円

社会福祉とバーチャル・リアリティがどのように結合してゆくのかを、5名の先端文化人と対談した。


書評という快楽』(書評集 2002年、2015年 kinokopress 電子書籍Kindle)250円

読むだけで面白い書評集。『臨死体験』『AV女優』など、あの話題作をどう料理したのか? 書き下ろし「朝日新聞書評委員会の内幕」付き。


 



リアルタイム人気投票

人気投票ページ 
あなたの投票が即座に反映されます。現在の第一位は何かな?

書籍別売り上げランキング
発行部数一覧です。

 



どの書店で手に入るのか

りんごさんの書店巡り特設ページ 
森岡本がどの本屋に何冊あったかが分かります。(りんごさん提供 情報常時募集中)

 



発表作品タイトル一覧

お仕事一覧補完計画 
エッセイ・論文などをも含めた全作品の年代順一覧です(kinokopress.com提供)。挫折中。

 



全集

森岡正博全集 
品切れになったものはここで電子的に復刊してゆきます。オンライン個人全集の試み(kinokopress.com提供)。遅々とした歩み。